【終了&御礼】SHIN4NY CUP 6/4 13:00-16:00 APEXカスタム大会 in 小田原市

主催:SHIN4NY株式会社 運営:Meteor 後援:小田原市

News & Information

2024-06-15News

取締役の岡崎が、立教大学「スポーツデータ収集演習」で講師を務めましたNew!!

2024-06-04News

SHIN4NY、Safamiiが共同で「感情スコアリング技術開発」に向けた技術連携開始のお知らせNew!!

2024-05-15News

声から「熱狂」を数値化!SHIN4NYが「ボルテージ指数」で応援の新たな形を提案

2024-04-16News

代表の工藤が、若者と小田原をつなげるイベント「若者×小田原 イノベーショントーク」に登壇しました

2024-03-22News

代表の工藤が、湘南ベルマーレフットサルクラブによる取組「B-SHINE」のメンターを務めました

2024-02-01経営情報

AI(人工知能)による就職面接アドバイス・システムに関する共同研究開始のお知らせ ─ SHIN4NYが立教大学と共同研究

事業理念

誰も取り残さない人に寄り添うセンシング技術(SHIN4NYのSDGs重点目標)

SHIN4NYは、言葉で伝えられない思いを可視化し、持続可能な社会を実現する革新的なセンシング技術の開発を行っています。
日常生活の中にある「ちょっと、いいよね」「なんか、いいよね」を少しでも多く実現することを目標としています。
具体的には、オンラインでの専門家相談、幼児・高齢者のモニタリング、心の元気のセルフチェック、相手が受ける印象を考慮した話し方トレーニング、インターネット空間でのリアルタイム感情センシング、クリエイティブな仕事や学習の適応度、快適度の評価、生活上の異常検知などです。
人を理解し、人に寄り添うセンシング技術を確立することで、一つでも多くの笑顔を増やします。

※「SDGs」とは、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称であり、2015年に国連サミットで採択された、2030年までに貧困、飢餓、環境問題など17のグローバル課題を解決するための目標です。当社は、SDGsに積極的に取り組み、社会的責任を果たすことで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

採択実績等

事業構想大学院大学 公民共創プロジェクト研究 研究員 (小田原市)
ARUYO ODAWARA 令和4年度チャレンジャー (神奈川県)
Japan-India Transformative Technology Network (Salzburg Global Seminar, 日本財団)
NEXs Tokyo (東京都)

その他

おだわらSDGsパートナー
かながわSDGsパートナー
かながわスポーツ・プラットフォーム